クレジットは使わないと持ってる意味がないのでしょうか

クレジットは使わないと持ってる意味がないのでしょうか

クレジットカードは持っているのですが、まったく使っていません。年会費がかかるカードではありませんが、持っているだけでは意味がないですよね。

クレジットカードはいざと言う時の強い味方になってくれますよ!

クレジットカードは使わなければ意味が無い、そんな事はありませんよ。今は使わないカードがいざという時にはあなたの強い味方になってくれるかもわかりません。クレジットカードを単に商品を買う為やキャッシングする為のものと思っていませんか。例えば家族で食事に出かけた時、クレジットカードを提示すれば特典を得られたり、旅行の時などはサポートデスクがあなたに代わって航空券の手配やホテルの予約を取ってくれたり、海外などで困った事が起きた際にもサポートしてくれるので安心です。

何よりもクレジットカードを持っていると言う事はクレジットカードを持つだけの信用がある人間と言う証でもあるのです。使う使わないではなく、持っているかどうかが重要なのです。持っている意味がないなどと言わず、ぜひクレジットカードを有効的に使って下さい。ネット通販などの時も手数料を払って代引きにしたり振込しに行く手間が省けるので便利ですよ。

クレジットカードは便利ですが、その便利さから悪用される危険性も持っています。その為に各クレジットカード会社の保険制度も充実しているので、安心してカードを手元に置いておいて下さい。クレジットカードを持てると言う信用は、カードを手放した時点で無くなってしまうのですから。

使わないクレジットカードは持ってる意味がないどころか危険

クレジットカードを普段は使っていなくても、1枚くらい持っておきたいという理由で持っている人や、あるいは特典につられて作ったという人もいます。使わないのなら持ってる意味はありません。意味がないと言うだけではなくて、持っている事自体がリスクになると言うことも知っておかなければならないでしょう。

例えば、不正に利用されるということもあり得ることです。クレジットカードの契約をしている以上は、使うことができるようになっているのですから、それが不正に利用されてしまう可能性はあるでしょう。使わないから家に置いておいたカードが盗まれて使われてしまうことがないとは言えません。

最近ではオンライン上で手続きを行うことができるものもあります。パスワードを知られてしまうと、カード自体が手元にあっても不正に利用されてしまう可能性もあるのです。このような事もあり得ますから、持っているだけでリスクがあると考えておくべきでしょう。

特に、キャッシングを不正に利用されると防ぎようがありません。キャッシングに申し込んだ記憶がなくても、最初からクレジットカードには付属していることが多いですから、確認しておく必要はあります。確認してみて、これが便利だと思うのなら使っていくのも良い方法です。

このように、クレジットカードは持っているだけならリスクのみが存在することを把握しておきましょう。ですから、ずっと使わないのなら解約するのが良いです。解約すれば悪用されることはないでしょう。持っているだけのものは解約してしまうのが良いです。解約は、電話やオンラインでできる場合が多いです。

念のために持っておきたいというのであれば、例えばショッピング枠を小さく設定しておくというのも良い方法です。高額な怪異ものをできないようにしておけば、不正に利用されたとしても被害は小さくなります。リスクがゼロになるわけではありませんが、かなり小さくする事ができます。