クレジットカードキャッシングでスキミングされない方法を教えて

クレジットカードキャッシングでスキミングされない方法を教えて

クレジットカードのスキミングを防ぐ方法を教えて下さい。やはりキャッシング時に情報が読み取られる事が多いのでしょうか。

スキミング被害から自分を守るにはやはり細心の注意が必要

クレジットカードやキャッシングカードはとても便利なものです。現金を持ち歩く必要もなくカード1枚で商品購入から旅行の時の航空機の手配ホテルの予約までできてしまいます。キャッシングカードはいつでもATMでお金が引き出せ、急な出費に備えてくれます。こんなに便利なカードですが、カードの悪用に関する事件も後を絶たないのが実情です。大がかりなカード犯罪もありますが、ごく身近な犯罪スキミングについてお話ししましょう。

スキミングとはカード情報をスキマーと言う特殊な装置で読み取り書かれているカード番号などを別のカードに書き込み悪用する偽造手段の事です。スキミングされても本人は気が付かず請求が来て初めてわかったと言う事もめずらしくありません。スキミングの被害にあわないようにするにはカードを使用する時には出来るだけ目の届く所で磁器を通してもらう。ATMは出来るだけ銀行のものを使う。コンビニで使用する場合はより注意が必要です。暗証番号は出来るだけこまめに変更する。そして何よりも毎月の請求書はきちんと確認する事等が身を守る術ですね。

どんなに注意してもスキミングはどんどん新しい機材に形を変えて接触してきます。スキミング防止シートのようなものも販売されているので、いろいろと試して防止していくしか方法はないのです。カードを使用する時は細心の注意を払う、一番大事なのはいつもそう考えてカードを使う事なのかもわかりませんね。

クレジットカードのスキミングによるキャシングの被害

スキミングとはカードの情報を読み取ることを指します。不正に読み取る機械があり、これを利用すればカードを偽造することができるのです。もちろん犯罪ですが、このような事例はすでに起こっていることだそうですから、クレジットカードを利用するときには注意しなければなりません。

偽造されたカードであっても使われてしまうと、それを返済していかなければならないのですから、大きな損失だと言えるでしょう。気をつけている人も多いのですが、それでも現在でも被害は広がっているそうです。カードの管理には注意が必要です。

被害が広がりやすい理由の一つが、被害に気付きにくいことです。クレジットカードをスキミングされたとしても、そのカードは手元に残ります。情報を読み取られただけのことですから、カードそのものが盗まれる場合と比べると大きな違いがあると言えるでしょう。

クレジットカードを偽造されてショッピングに活用された場合、請求書を見れば不正に気付くことができます。その後にカード会社に問い合わせてしかるべき処置を執ってもら事もできるでしょう。あるいは、保険を活用して被害額を補償してもらうということもできます。ですから、引き落としが行われる前に気付きやすいと言えるでしょう。

しかしながら、キャシングの場合には、その時点で現金が引き出されてしまいますから防ぎようがありません。この点については大きなデメリットだと考えられます。また、暗証番号を入力することが必要となった場合、この暗証番号の管理ができていなかったということから保険も適用されなくなることが多いです。

このような被害がありますから、スキミングには注意しておかなければならないでしょう。もしも心配であれば、クレジットカードではお金を借りることができないように設定しておくというのも良い方法です。最初から借りることができないようにしておけば、被害を小さくする事はできると考えられます。